• トップ
  • 介護
  • いつも住み慣れた自宅で暮らしたい!訪問介護とは?

いつも住み慣れた自宅で暮らしたい!訪問介護とは?

介護

介護が必要な状態になっても、「家族の近くにいたい」「住み慣れた我が家を離れたくない」という方も非常に多いです。
そんな方が自立した在宅生活を送るために生活をサポートするのが「訪問介護」です。

訪問介護ってなに?

訪問介護とは、訪問介護員(ホームヘルパー)などが利用者の自宅(または介護施設)を直接訪問して、入浴や排泄、食事などの「身体介助」や、調理や洗濯、掃除といった「生活援助」を行うサービスです。

訪問介護を利用の流れ

まずは居住地域の市区町村で要介護認定の申請を行い、要介護度・要支援度の通知を受けます。
その後ケアマネジャーがその方の健康状態や本人・家族の希望などを考慮し、最適なケアプランを作成。
そして、そのケアプランをもとに、訪問介護員(ホームヘルパー)がサービスを提供します。

日々の暮らしを少しでも安心して過ごすために取り入れたい「訪問介護」。
一人暮らしの方や健康状態によっては、24時間対応で夜中もサービスを受けられる訪問介護業者を利用するのも安心です。

 

訪問介護については、「訪問介護事業所 あいヘルパー桑園・北光」へお気軽にご相談ください。
公式webサイトはこちら>>